FXシステムトレードのツボ > FASTA(ファスタ)

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FASTA(ファスタ)

FASTA(ファスタ)での全自動売買トレードについて

ドリームバイザーのFXでは、
FASTA(ファスタ)という全自動売買システムが利用できます。

FASTA(ファスタ)では、プログラムの知識が必要ないので、
トレード初心者でも全自動売買システムを使うことができます。
というのも、自分がトレードをする際に使うテクニカル指標を組み合わせることによって、
全自動売買ルールを決めることができます。

また、FASTA(ファスタ)には、バックテスト機能がついているので、
自分で作成した売買ルールを検証することができるみたい。
検証に使うことでできるデータは、日中足の1分から60分まで全8種類あるようです。

出来上がった売買ルールは、
FASTA(ファスタ)を運用モードに切り替えることによって、
あとは全自動でトレードを行うことが出来るようです。

FASTA(ファスタ)について詳しくは
>>ドリームバイザー・ファイナンシャル
スポンサーサイト

タグ: シストレ FASTA ファスタ ドリームバイザー

FASTA(ファスタ)

ドリームバイザーのFASTA(ファスタ)

ドリームバイザー・ファイナンシャル
ドリームバイザーFXのシステムトレード

ドリームバイザーFXのシステムトレードは、
FASTA(ファスタ)というシステムを使っているようです。
ファスタでは、移動平均線やそのほかのテクニカル指標を組み合わせることによって、
自分で自動売買システムをつくることができます。
このため、プログラムの知識があまりない、
システムトレードの初心者でも自動売買システムを作ることができます。

また、FASTAバックテスターというバックテスト専用のアプリがあり、
過去のデータを使って自動売買システムの検証を行うことができます。
このバックアップテストには、過去のチャートデータを収集する必要がありましたが、
FASTA(ファスタ)では、日足や、1分足から60分足など8種類のデータを利用できるようです。

システムができたら、取引口座の売買システムを運用モードに切り替えることで、
新規注文から決済注文までを自動で行ってくれます。


FASTA--完全自動売買ソフト(FXのみ対応)

【FASTAの主な機能紹介、仕様】
FASTAは全通貨対応
トレード条件の設定は売買別、損切り、利食いごとに設定可能
分足対応
FASTAでのバックテスト期間は過去60日
ビープ音による価格変化、注文時、約定時のお知らせ機能
パフォーマンス検証値はリターン、リターン平均、最大ドローダウン、シャープレシオ、売買当たりリターンを算出
保存システム制限は50通り
FASTAバックテスターでは全FX、全CFDを対象とした分足ベース過去6ヶ月及びそれ以前のデータのバックテストも可能
FASTAバックテスターに限り全FX、全CFDを対象とした日足ベースのバックテスト可能

タグ: FASTA 業者 シストレ 自動売買 ツール FX トレードスタジアム ドリームバイザー

最新記事

プロフィール

FXシステムトレーダー(仮)

Author:FXシステムトレーダー(仮)
FXシステムトレードの情報。
また、プラットフォームごとのFXシステムトレードや、FXシステムトレードが利用できるお勧めのFX業者の紹介。

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。